うつさない うつらない クリアフットヴェールで水虫対策

毎年、蒸し暑い季節にはとくに、足の指の間に皮むけや爛れが生じて身悶えするような痛痒い思いをします・・・そうです、水虫ですね。
どうにも痒い時はもう一方の足の踵で踏んづけたり擦ったりすると非常に気持ちが良いものですが、そうも言っていられません。
放っておくとどんどん悪化しますし、家族にうつしてしまう心配もあります。

色々と市販薬なども試してきまして、経験的に治癒させるのに大切だと思ったのは、水虫の原因となる白癬菌は皮膚表面の角質部分を侵しますが、いったん傷が生じてしまうとそこには黄色ブドウ球菌などの他の有害菌が取りつき、傷を化膿させて治癒を遅らせます。
ですので、水虫ではあるのですが、傷ができてしまった場合には水虫薬にこだわらずに、傷の手当てと考えてケアしたほうが治りが速いように感じています。
私の場合はスプレータイプのキズ薬がお気に入りなのですが、シュッとすると冷たい液体が患部を覆い、すぐにパウダー状に変化して傷口を乾かしますし、冷たさで痒みも消失します。
ただし、パウダースプレータイプのキズ薬は適応や使用法に注意喚起もなされています。
例えば患部を十分に洗浄せずに用いると創傷部にバイキンを封じ込めてしまったり、同部位に長く噴射すると凍傷になったりということが報告されていますので、市販薬の使用に際しては説明書をよく読んで、自己責任の下に用いる必要があります。
どのような薬であれ、望む作用の他に思いがけない副作用というのは付きものです。
説明書や外箱にはそうした情報が記載されていますので、面倒がらずに目を通してから使用するようにしましょう。

それにしても、まず肝心なのは予防です。
個人的に効果絶大だと思っているのが「五本指靴下」です。
あまり恰好の良いものではありませんし、いかにも「わたくし水虫なのでこんな靴下履いてます・・・」といった感じで、靴を脱ぐ場面では人目が気になって恥ずかしかったりしますが、一日履いていて靴下を脱いだ瞬間の趾間部のサラサラな爽快感を知ると、もう恰好なんて気にしていられなくなること請け合いです。
そうするとだんだん五本指でいることこそが当たり前になってきて、やがては袋状の指なし靴下を履いている人のことが愚かしく思えてきたりもして、恥ずかしさなどは雲散霧消することでしょう。
私はそれで今季はまだ趾間部に水虫の発生がありません。
臭いの予防にもなりますので、ぜひ一度お試し下さい。

室内履き(スリッパ)やバスマットを共用しないなど、基本的な伝染予防策は心掛けて励行したいところです。
家族にうつしたくないのであれば、脱衣所用の敷きタオルを自分用に用意して入浴したりということも優しい心遣いだと思います。
専門医が解説を担当している他のインターネットサイトなどを拝見すると、白癬菌は通常の洗濯で十分に落ちるそうなので、衣類や使用済みタオルなどを別々に洗濯するようなことは必要ないということです。



それから、夏場はどうしてもやってしまうのですが、素足にサンダル履きというのも足裏の水虫を悪化させる一大要因です。
水辺でのサンダル履きならさほど問題にならないと思いますが、足裏はとても汗をかきやすいので、サンダル面との間では雑菌が大繁殖してベタベタヌルヌル状態となります。
白癬菌も大活躍ですね。
悪臭の原因にもなりますので気をつけたいところです。

水虫対策は副層的に講じるのが効果的です。
けれども治療と予防を平行して徹底できないために改善と悪化が繰り返されてしまうというのが実情ではないでしょうか。そんな悩みを抱えておられる方にお勧めなのがこちらの商品です。

クリアフットヴェール

今ならお試し2,970円で、使いきった後でも効果に満足できなければ商品到着から25日間は全額返金保証付きということですので、長くお悩みの方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか。
この夏は頑固な水虫とオサラバして、家族への引け目も解消できるかもしれませんね。

水虫退治は予防が肝心


水虫薬のTVコマーシャルって水虫菌を根こそぎ退治してくれそうな感じがしてすごく効きそうですよね。私もあれこれ使ってみましたが、たしかに症状は改善します。でも、じきにまた再発してしまうのが悩みの種なのです。


水虫の元凶は白癬菌ですが、それを悪化させる黄色ブドウ球菌などの化膿菌もひっくるめてここでは水虫菌と呼ぶことにしますが、そうした細菌はそこらじゅうに普通に存在しています。

屋内の床はもとより、家族みんなが裸足で踏むバスマットや共用のスリッパなどは感染経路として注意する必要がありますし、外出用の靴の中も蒸れて通気が悪い上に汗や角質が付着しているので、水虫菌にとっては快適で繁殖しやすい場所です。

せっかく薬で水虫を治しても、せっかくお風呂で足をきれいに洗っても、すぐにまた水虫菌を付着させてしまったのでは、再発が繰り返されるのも当然と言えば当然のことなのです。

ということで、本当に水虫と縁を切りたいなら発症してしまってから薬で対処するのではなく、発症しない予防的な対応が必要になるのですが、例えばバスマットやスリッパの共用をしないとか、そういうことが必要になります。でもどうでしょう・・・家族みんなで徹底するって結構むずかしいですし、水虫持ちの方は肩身のせまい思いもされるのではないでしょうか。

思うに、足に水虫菌が付着しても、それが皮膚表面の角質に侵入する前に洗い流してしまえれば水虫の発生も防ぐことができるのですが、実際には日に何度か足を洗うということは難しいですよね。

そこで、もし水虫菌の皮膚への侵入を一定時間阻止することができれば、一日一回の日常的な入浴での洗浄で、水虫を予防できるのではないかと思うのですが、水虫菌をバリアしてくれるそんな商品をみつけたので、皆さんとシェアしたいと思います。


クリアフットヴェールは医薬品ではありませんので発症した水虫の治療薬ではありません。けれども、皮膚にバリアをほどこして水虫菌を寄せ付けないという発想のもとに開発されたスキンケア製品ですので、例えば入浴後にスキンクリームを用いるように習慣的に使用すれば、これまでのような再発も予防されて、スベスベのきれいな足が戻ってくるかもしれませんね。

口コミも確認できる製品紹介ページはこちらです↓水虫薬のTVコマーシャルって水虫菌を根こそぎ退治してくれそうな感じがして、すごく効きそうですよね。私もあれこれ使ってみましたが、たしかに症状は改善します。でも、じきにまた再発してしまうのが、ずぅーと悩みの種だったのです。


水虫の元凶は白癬菌ですが、それを悪化させる黄色ブドウ球菌などの化膿菌もひっくるめてここでは水虫菌と呼ぶことにしますが、そうした細菌はそこらじゅうに普通に存在しています。

屋内の床はもとより、家族みんなが裸足で踏むバスマットや共用のスリッパなどは感染経路として注意する必要がありますし、外出用の靴の中も蒸れて通気が悪い上に汗や角質が付着しているので、水虫菌にとっては快適で繁殖しやすい場所です。

せっかく薬で水虫を治しても、せっかくお風呂で足をきれいに洗っても、すぐにまた水虫菌を付着させてしまったのでは、再発が繰り返されるのも当然と言えば当然のことなのです。

ということで、本当に水虫と縁を切りたいなら発症してしまってから薬で対処するのではなく、発症しない予防的な対応が必要になるのですが、例えばバスマットやスリッパの共用をしないとか、そういうことが必要になります。でもどうでしょう・・・家族みんなで徹底するって結構むずかしいですし、水虫持ちの方は肩身のせまい思いもされるのではないでしょうか。

思うに、足に水虫菌が付着しても、それが皮膚表面の角質に侵入する前に洗い流してしまえれば水虫の発生も防ぐことができるのですが、実際には日に何度か足を洗うということは難しいですよね。

そこで、もし水虫菌の皮膚への侵入を一定時間阻止することができれば、一日一回の日常的な入浴での洗浄で、水虫を予防できるのではないかと思うのですが、水虫菌をバリアしてくれるそんな商品をみつけたので、皆さんとシェアしたいと思います。


クリアフットヴェールは医薬品ではありませんので発症した水虫の治療薬ではありません。けれども、皮膚にバリアをほどこして水虫菌を寄せ付けないという発想のもとに開発されたスキンケア製品ですので、例えば入浴後にスキンクリームを用いるように習慣的に使用すれば、これまでのような再発も予防されて、スベスベのきれいな足が戻ってくるかもしれませんね。


竹酢液の効能って?



クリアフットヴェールは主に3つの成分で水虫を予防します。その成分は、竹酢液(ちくさくえき)、サリチル酸、CPL(環状重合乳酸)になりますが、ここではまず竹酢液に着目してみたいと思います。

竹酢液は竹炭を作るときに発生する煙を、導煙管(煙突)で冷却、結露させることで採取される液体ですが、一般的な木酢液と成分的に特別な違いはありません。

木炭作りの盛んな地域ではこの炭焼きの副産物を昔から生活に役立ててきました。農業では耕作地の土壌改良や病害虫の防除剤として、日常の生活では入浴剤や生ゴミの消臭剤として、そして民間薬としては腹下しや皮膚疾患に効能があるされ、とくに水虫にはよく効くとの評判から、今もなお利用されているといいます。

採取された木酢液は静止状態で沈殿させると上部は澄み、下部は黒褐色となりますが、黒い成分であるタールは発ガン性のあることが報告されていて、人体には有害です。

木酢液の有用な成分として、酢酸、メタノール、フェノール類が挙げられますが、フェノール類には強力な殺菌作用があり、木酢液に含まれるものとしてはクレオソートがよく知られています。クレオソートは木酢液から得られる「木クレオソート」と、石炭精製の際に生じるコールタールを原料とする「石炭クレオソート」に分けて利用されますが、木クレオソートは医薬品としても利用され、あのラッパのマークの正露丸の主原料でもあります。石炭クレオソートは主に木材の防腐剤として、かつての電柱や線路の枕木などに広く利用されてきました。

余談ですが、正露丸は明治の頃は「征露丸」と表記されていました。日露戦争を目前にして、ロシアを征するという意味の名称です。日清戦争の際に衛生状態の悪い水を飲んで多くの将兵が赤痢にかかったことから、クレオソート丸にそのような名前をつけて赤痢の特効薬として利用を奨励したわけです。そうしてみると炭焼きの村の人々が木酢液を民間薬として用いていたことは的を射た活用であったということになります。

酢酸は悪臭の原因となるアンモニア等のアルカリを中和する働きがあり、メタノールにも殺菌作用がありますが、メタノールは飲用すると害のあるほうのアルコールですので要注意です。

クリアフットヴェールのバリア効果の一つはこの木酢液(竹酢液)の殺菌作用によるものです。主要成分のサリチル酸は角質を柔らかくする作用があり、竹酢液の抗菌成分を角質内に浸透させやすくする役割を担っています。